不動産売却で将来を勝ち取る|自由を追い求めて

ウーマン

効率良く探すために

男性

大阪で収益物件を探すのなら、まずは立地と値段を決めておきましょう。その後は、もっと細かく条件を決めていきたいので、誰をターゲットにするのか、物件はそれに見合っているのかを調べておけば、空室になる確率を下げられます。

この記事を読む

自分の家を高く売る

貯金箱

得意分野はバラバラです

家は一生で一番大きい買い物だと言われています。数千万円もの購入費を全額キャッシュで用意できる人はほとんどおらず、大半の人が20〜30年程度の長期ローンを組んで家を買っています。重いローンの負担を背負ってまで購入した家ですから、売却する必要が生じた際にできるだけ高値で売りたいと考えるのはある意味で当然のことです。とはいえ、個人で行う買い手探しには限界があります。そこで、多くの人が不動産業者を利用しています。千葉には、豊富な不動産売却実績を持つ業者が複数存在しているため、千葉在住の人が仲介業者探しで苦労してしまう心配はほとんどありません。ただし、一口に不動産売却と言っても、売ろうとしている物件の種類によって選ぶべき業者が変わってきます。マンションを売る場合と一戸建て住宅を売る場合とでは、業者に求められる不動産売却ノウハウが違ってきます。本当の意味で高値売却を実現したいのであれば、千葉で不動産売却の仲介を行っている業者の中から、自分が売る物件の仲介業務を得意としている業者を選び出す必要があります。

媒介契約を結ぶ

不動産売却の仲介を業者に依頼する場合は、その業者との間で媒介契約を結ぶことになります。この契約を結ばない限りは、具体的な販売活動を行ってもらうことはできません。ただし、媒介契約は3種類ありますので、よく考えた上で契約形態を決めるのが望ましいです。業者の方であらかじめ特定の契約形態による書類を用意してしまっているケースが多いですが、それに黙って従わなくてはならないということはありません。あらゆる契約は、当事者間の合意に基づいて成立します。売主が納得していない契約形態を強要してくるような業者は、少なくとも千葉市内には存在していません。遠慮して業者の言うなりになってしまう人が少なくありませんが、大切な財産を売るのですから、少し強気に出るくらいが丁度よいです。不動産売却の媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があります。どの契約形態を選ぶかによって、業者から受けられるサービスの内容や、契約から派生する制約の程度が変わってきますので、慎重に検討してみる必要があります。

新しい不動産投資

男性

自己資金が少額でも投資することができるのが、みんなで大家さんです。100万円からでも投資が可能であり、申し込みにかかる手数料も僅かとなっています。また、利回りを安定させるために、公共性のある物件へ投資することが多いです。

この記事を読む

不動産投資とその知識

講義

不動産投資を行う場合には、知識や経験が必要になってくる。それらを補うものとしてあるのが、不動産投資セミナーである。不動産投資セミナーでは初心者向けや経験者向けなどがあるため、レベルにあったものを受講することが重要である。

この記事を読む